脱毛後の運動はNG?なぜ運動してはいけないのか

Posted on

脱毛後はいつも以上に肌ケアを怠ることはできませんが、運動もNGに入ります。一見運動は肌ケアとは何も関係なさそうに思えるかもしれませんが、脱毛後の敏感な肌を守るためには重要なポイントです。では、なぜ運動はNGとなるのでしょうか。

また、脱毛前に運動をするのは問題ないのでしょうか。脱毛後の様々な制限についても確認してみましょう。

体温の上昇を防ぐため

脱毛後に運動を避ける理由の大部分が、体温の上昇を防ぐためです。運動不足の方は、運動をした後に肌にかゆみを覚えた経験があるかもしれません。これは、普段汗をかかず体温の上昇や発汗に慣れていないために起きるかゆみですが、脱毛後も似たような状態になります。

毛細血管の拡張など運動時に起きる様々な症状がかゆみを引き起こし、全身に赤みを残すのです。また、ただかゆみや赤みを残すだけならまだしも、発汗によって雑菌が増殖する可能性もあります。特に、汗をかきやすい背中などの脱毛を済ませた後は要注意です。

広範囲にかゆみを覚えながらも雑菌による肌トラブルも考えられる最悪の状況に陥りかねません。そのため、普段運動をする習慣もある方も脱毛後だけは運動を控えることで、敏感になった肌を守りましょう。《関連資料|全身脱毛格安|1番得する脱毛入門

運動はどこまで?

運動といえばジョギングやスポーツを連想するかもしれませんが、基本的に脱毛後は軽い運動もNGになります。ジョギングは当然発汗も体温の上昇も招くため推奨できませんが、例えばヨガなどその場からあまり動かない運動であっても体温の上昇やかゆみに繋がります。

ウォーキングも同様でしょう。ジョギングほど激しく動くわけではないので大丈夫だろうと高をくくっていると、ウォーキング後に激しいかゆみを覚えるかもしれません。動きの幅が小さくても、運動にカテゴリ分けされるものは毎日の習慣であってもやってはいけないのです。

脱毛前の運動も避ける

施術予定日に運動するのもNGです。前日なら問題ありませんが、数時間ほど前に運動をしていると脱毛後に運動をしたのと変わらない状態になります。かゆみや赤みがなかなか引かない可能性もあるので、脱毛前後は運動を控えるようにしましょう。

1つ注意したいのが、施術時間に遅れそうになってしまい、走って脱毛サロンやクリニックに到着した場合です。狙って運動をしたわけではないかもしれませんが、結局走ってしまえば体の状態は同じになります。脱毛サロンの中には、より多くの利用者に施術を受けてもらうためにキャンセルや遅刻にペナルティを設けていることも多く余計に焦りがちです。

脱毛当日は余裕を持って脱毛サロンに到着するようにして、無駄に体を温めてしまわないよう注意しましょう。

飲酒にも気をつける

基本的に、運動がダメというよりも体を温めること全般がNGとなります。そのため、飲酒もアルコールによって体が温まることから脱毛との相性が悪くなります。お酒好きな人も脱毛前後だけはお酒を諦めて、万全な状態でいられるよう配慮しましょう。

また、お酒でなくても、アルコール関連は遠ざけるようにしておきましょう。アルコール成分が使われているウェットティッシュなど、体を温めるわけではありませんがアルコールは肌に刺激を与えます。脱毛後のデリケートな肌との相性は良くないので、気にしすぎに思われるかもしれませんが注意が必要です。

運動はいつから解禁してもよいのか

施術後に運動してはならないとなると、いつから運動を再開してもよいのでしょうか。具体的な決まりはありませんが、肌状態を考慮しておおよそ3日から1週間、慎重を期して10日ほどが目安となります。もう大丈夫だろうと油断して運動をすると、運動後に激しいかゆみに襲われるかもしれません。

なかなか慣れるものではないので、もしもの時を考えて慎重に行動を起こした方が賢明でしょう。下手に運動をすると炎症を起こす原因にもなります。

入浴も要注意

普段シャワーだけで済ませている人は問題ありませんが、湯船に浸かり長湯を楽しみたい方も施術当日だけは避けましょう。明らかに体を温める行為ですし、入浴後どころか湯船に使っている最中にも体にかゆみを覚えかねません。

また、シャワーもあまり長時間浴び続けないようにして、あくまで体を清潔に保つためにサッと済ませてしまいましょう。さらに、入浴後は力を入れて体を拭かないように注意しながら、できれば保湿も済ませます。入浴後マッサージを行っている方も時折いますが、マッサージも体を温めるため施術を受けて数日はやめておきましょう。

マッサージには血行改善効果が見込めますが、今だけはこの血行改善効果も悪い方向へ影響していまいます。

日焼けは常にNG

日焼けと脱毛はとにかく相性が悪く、どの脱毛サロンでも日焼けは避けるよう忠告されます。日焼けした肌は通常時より弱っていることも原因の一つですが、脱毛機は肌の黒い部分に使用するため、肌を黒くする日焼けは天敵のような存在です。

真っ黒に体を焼き上げる方はそういないかもしれませんが、多少肌を焼いただけでも刺激には弱くなります。特に、注意したいのが、脱毛後開放的になることで海やプールに足を運び、その一環で日焼けしてしまうパターンです。

脱毛を夏場に済ませようと考えている方も多いものの、最大限に脱毛効果を活かしたいのなら冬に施術を受けることをおすすめします。冬に受けてしまえば夏には施術もある程度終わっていますし、肌を露出する必要がないので紫外線から肌を守ることもできます。

プールには絶対に入らない

運動の中でも、特にプールは絶対に避けましょう。プールでは激しい運動はしないかもしれませんが、弱った肌には刺激の強い塩素や他人の雑菌などがたくさん潜んでいます。肌トラブルのみならず体調不良を引き起こす可能性すら考えられるので、プールは脱毛後しばらく入らないよう気をつけましょう。

また、海水浴とは異なり室内プールを使えば季節を問わずいつでも利用できるため、普段からよくプールへ足を運ばれる方も少なくないでしょう。ですが、この時だけはその習慣を一旦ストップしておきましょう。プールと同様に、温泉も脱毛後には向いていません。

湯船に浸かることで体温が上昇するのも理由の一つですが、他人が入った湯船に浸かることでプールのように雑菌が肌に影響を与える可能性が高くなります。脱毛前後は大人しくしておき、脱毛が完了した後に今までの分も合わせて開放的になることをおすすめします。